ニオイ対策┃対策グッズでおりものの臭いをいい匂いにしよう

周期と年齢

おりものの周期を知ろう

おりものには、周期があります。生理後と生理前の間におりものは出てきます。時期によっては、増える時があります。それが排卵期です。排卵期は2日間から3日間で行われます。透明で水のようなおりものが出てきますが、臭いは余りありません。受精の手助けをしてくれます。この排卵期は卵胞期前半と後半が終わった後に、出てくるものと覚えましょう。卵胞期の時期は、生理終了直後で、経血とおりものが混ざった状態になります。茶色っぽい状態がその卵胞期を迎えている最中なのです。

黄体期と生理前

おりものの周期には、黄体期というものがあります。その黄体期は生理前に出てくるものです。排卵期よりも量が少なめになっています。白濁色のドロっととしたものが出てきます。それが下着についてしまうのです。そして生理前を迎えると量が増えてきて、臭いも強くなります。おりものは黄体期と同じくドロっとしていますが、生理前なので、経血が少し混じっていることもあります。おりものの状態や量は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと関わっているのです。年齢と共に変わってきます。妊娠を迎えた場合はおりもの量が多いですが、閉経を迎える頃には、量がとても少なくなります。

年齢によって変わる

おりものの分泌量は年齢によって変わってきます。初めての初潮を迎えるのは10代です。この頃に女性ホルモンの分泌が高くなりますが、まだ周期が不安定なのでおりものの量が増えたり減ったりを繰り返します。20代から30代になってからは、女性ホルモンの分泌がより高めになります。周期も安定している時期ですが、この頃から臭いに悩まされやすくなります。しっかりケアを行いましょう。