ニオイ対策┃対策グッズでおりものの臭いをいい匂いにしよう

食生活を見直そう

甘い物は控えよう

おりものの臭いは、食生活と関係があります。女性はストレスを感じると、甘い物を欲しがります。その甘いものを取り過ぎてしまうと、子宮内にいる細菌が増えてしまいます。その細菌は甘い食べ物を餌に育ってしまうので、糖分の摂り過ぎはよくありません。特に糖尿病にかかっている女性は、細菌が繁殖しやすい状態になっているので、気をつける必要があります。

お肉の摂取しすぎは注意

お肉を摂り過ぎてはいけません。たくさん摂取しすぎてしまうと、体内の環境が傾きやすくなります。傾いてしまうと、バランスを保とうとして甘い物を欲しがってしまう場合があります。甘いモノが欲しいからといってお菓子やジュースを食べ過ぎてしまうと、体の中に毒素が溜まりやすくなっていきます。その毒素がおりものとして体の外に出されてしまうのです。

自然な甘味料

どうしても甘い物が食べたいという場合は、自然な甘味料で作られているものやさつまいもなどを食べるようにしましょう。自然で作られた甘味料は、体を冷やすことなく、おりものの臭いを改善してくれます。甘いモノを食べる場合は、食生活を見直すことが大切なのです。しかし、食生活は簡単に変えることが出来ません。特に根本から変えるとなると、継続することが出来ない可能性もあります。そのため、対策を行うようにしましょう。

腸内環境

おりもの臭いを減らしたいというのであれば、腸内環境を良くしましょう。通常膣内の中は、酸性で保たれています。酸性の状態を維持することで、細菌の繁殖や侵入を防ぐことが出来るため、おりもの量や臭いを通常な状態にしてくれるのです。しかし、おりものの臭いや汚れに悩まされているからといって、膣内を洗いすぎてはいけません。なぜなら、膣内に必要な善玉菌まで流してしまうからです。善玉菌を流さないようにするためにも、腸内環境を整えることは大事なのです。